42歳。3度目、最後の妊娠キロク。

35歳で長男出産。39歳で長女出産。そして42歳で卵膜付着でしたが無事次女を出産しました。

スポンサーリンク

乳がん検診結果

7月17日、20w2d。

日曜より、妊娠6ヶ月に突入。 

1人目妊娠の時に、産婦人科で6ヶ月の検診時に折り返し地点の記念として「今これくらいの大きさ」とキューピーちゃんの人形を頂いたことを思い出した。 

初対面(胎動確認)はただの細胞だったのに、小さいながらもちゃんと人間の形になってるんだなあと感動したっけ。 

今お腹にいる3人目も、今そのレベルなんだなあ。 

早いなあという思いと、やっとと言う思いと。

 

 

 

 

先日受診した乳がん検診の結果が、先週届きました。

 

3rdbabyrecord.hatenablog.jp

 

その場では両方に石灰化ありと言われたのですが、「心配することはない」と言われました。 

 

さて、最終的な診断結果は。

f:id:clover84:20180717092102j:image

 

右は石灰化という判定ではなかったようです。

 

ただ、一昨年、去年とマンモグラフィーを受診して「経過観察」だったのが、今回異常なしのA判定と言うのは、どうしてもエコーだったからじゃないかという疑念は払拭できず…。

 

ということで、異常なしと言うのは素直に嬉しいけど、やはり来年はちゃんとマンモグラフィーを受けねば、と思いました。

 

ちなみに、一昨年のマンモグラフィー受診時は、2人目長女の授乳期でした。

あの機械で圧迫するたびにピューピュー母乳が飛んで行って、そのたびに「すみません。」と謝っていたっけ…。

来年も確実に授乳期だろうなあ。

 

私が利用している健診センターは授乳中のマンモグラフィは利用可ですが、病院によっては利用不可のところもあるようなので、授乳期のマンモグラフィを考えている方は事前に確認した方がいいですよ。

 

 

 

スポンサーリンク