42歳。3度目、最後の妊娠キロク。

35歳で長男出産。39歳で長女出産。そして42歳で卵膜付着でしたが無事次女を出産しました。次女は小麦・卵・牛乳のトリプルアレルギーでした。

スポンサーリンク

入院準備

9月27日、30w4d。

昨夜寝るとき、お腹が少し痛かった。

鈍痛。

痛い…というほどでもなく、痛い気がするというか、なんか違和感というか、という程度ではあったのだけど。

そのまま寝てしまったのでたいしたことはなかったのだとは思う。

時期が時期なだけに、痛みには敏感になっているのかな。

 

 

 

 

 

出産にむけての入院準備は、産休に入ってからのんびりしようと思っていたのだけど、状況がかわり、切迫早産で自宅安静となった今日この頃。

最悪明日の診察次第では、明日から入院となるのでそうも言ってられなくなりました。

 

私の42歳の誕生日までに出来なかったら3人目は諦める、と夫と決めていて、出来なくて、諦めて。

その時点で子どもたちが着ていたベビー服や産褥ショーツなどは処分しました。

 

そしてその後の奇跡の妊娠…だったので、出産後すぐに必要なものが何もない。

σ(^_^;)

 

4人目はないわけだし、今更買うのも…と思っていたのですが、普通のショーツより産褥ショーツの方がやっぱり便利だよなあと思って、近くの西松屋で調達。

自分のものに関しては、もうデザインが〜とか素材が〜とかはいいんです(笑)

安くて使えるものであれば。

 

そしてパジャマもわざわざ買うのか?と迷ったのですが、授乳兼用のマタニティパジャマを同じく西松屋で買いました。

 

最悪、産前からの長期入院となれば、やっぱり必要だよね…。

そうならないことを祈っているけど。

 

急に肌寒くなって、半袖か長袖かと迷わなくて済んだのは幸いでした。

 

 

 

ということで、あとタオルとかはあるもので準備すればいいし、ベビー服は産まれてからでも間に合うしね。入院中はいらないから。

ここは夫のセンスに任せよう。

 

 

あとはそれらをバッグに詰め込んで、出産まで必要とならないことを祈るのみ!

 

今日も私は家でゴロゴロ、お腹の子は元気に暴れまくっています。

 

 

 

スポンサーリンク