42歳。3度目、最後の妊娠キロク。

35歳で長男出産。39歳で長女出産。そして42歳で卵膜付着でしたが無事次女を出産しました。

スポンサーリンク

【入院33日目】mmレベルの増減に一喜一憂

10月30日、35w2d。

切迫早産で入院33日目。

 

 

 

 

今日は火曜日。

診察日でした。

 

子宮口は数ミリレベルで開きが進んでいるとのこと。

入院前に1cmと言われ、ずっと現状維持できたので、2cmまではいかない、ってことかな。

 

センチレベルの開きじゃないから大丈夫と言われました。

 

そしてドキドキの!?子宮頸管長はと言うと、17mmでした。

先週の診察で16mmだったので、ほぼ現状維持ですね。

セーフ!

 

 

酷い便秘でビクビクしながら少しだけ気張ったここ数日でしたが、頸管長短くなってなくてよかった。

 

 

「赤ちゃんの方も、ぼちぼち大きさ見とかないとね。

べらぼうに大きくなってるかも…いや、小さいよりかはいいか。」

 

と、先生。

 

ん、ってことは測定しなくてもやっぱり明らかに大き目ちゃんなのですね(笑)

 

 

そして張り止めにマグセントを使用しているので、血中濃度を毎日測定しています。

マグネシウム血中濃度は、上がってないから。

あなたの命を脅かすことにはなってないです。」

って先生…怖いこと言うなぁ(汗)

 

子宮頸管長が現状維持だったので、そんな恐ろしいマグセントの量も現状維持です。

 

 

 

そんなこんなで第三子誕生まであと13日!

来週の診察でも、現状維持出来てますように!

 

 

スポンサーリンク