42歳。3度目、最後の妊娠キロク。

35歳で長男出産。39歳で長女出産。そして42歳で卵膜付着でしたが無事次女を出産しました。次女は小麦・卵・牛乳のトリプルアレルギーでした。

スポンサーリンク

子どもたちに生理の話をしてみた話

我が家には小4男子、年長女子、2歳女子の3人の子供がいます。

 

最近は小4男子とお風呂に入ることはなくなったけど、下二人とのお風呂は基本的に私です。

 

 

で、3人目次女妊娠~出産を経て約1年前に生理再開。

 

3rdbabyrecord.hatenablog.jp

 

私は毎回量が多い方だと思うのですが、お風呂に入るたびに「お母さん、血が流れてるよ!」「お母さん、大丈夫なの!?」と本気で心配する子どもたち。

 

心配されるたびに「あー大丈夫大丈夫」とのらりくらりとかわしていたのですが。

なんかもう、毎月それも面倒になって、前回の生理の時にざっくり説明してみました。

 

大人になったら毎月こういうことが起きること。

お腹の中では赤ちゃんのベッドを作っていて、赤ちゃんが出来なかったら新しいベッドと交換するためにオマタから血がでてくること。

病気でも怪我でもないこと。

でもお母さんはたまにお腹が痛くなることもあること。

 

 

そんなことを、ざっくりと。

 

長女と次女は「ふ~ん」という感じでしたが、「オマタから血が出てもお母さんは大丈夫なんだ」というのがわかったのか今回の生理の時はお風呂でそれを見ても特に心配することもなく、お風呂上りにナプキンをあてているのをみて「パンツが汚れないように?」と聞く程度でした。

 

これでよかった…のか????

はわかりませんが、過度に心配することはもうなさそうです。

 

長男と一緒にお風呂に入っていた時も、それはそれは心配してくれていたので、長男にこそ話した方がよかったんじゃないのかなあとか思っている今日この頃です。

特に長男は自身が経験しないことだし。

 

 

スポンサーリンク