42歳。3度目、最後の妊娠キロク。

35歳で長男出産。39歳で長女出産。そして42歳で卵膜付着でしたが無事次女を出産しました。次女は小麦・卵・牛乳のトリプルアレルギーでした。

スポンサーリンク

子宮筋腫分娩だった話・その4

その1から読む方はこちら。

3rdbabyrecord.hatenablog.jp

 

 

会社の定期健診で子宮筋腫分娩を指摘され産婦人科を受診した結果、子宮筋腫分娩確定しました。
そしてその場で筋腫が排出される処置が施されました。

 

 

今日はお金の話。


その日のお代、初診料など諸々合わせて13,900円しました。(社保・負担3割)
結構するのね…。

念のためで万札持って行って正解でした。

 

子宮筋腫は(私が加入している)生命保険の請求対象になっていることは知っていたのですが、入院したわけでもないし、手術してないしなあ。とか思っていたのです。

 

が、診療明細書を見ると項目が「手術」になっていました。
え、あれ手術なの!?

 

ってことで、ダメもとで生命保険のマイページにログインして、保険金請求に進んでみました。

 

病気なのかケガなのか、入院日数、手術日、と選択入力していき、いよいよ手術名の項目。
キーワード検索で「子宮 筋腫 摘出」と入力して検索するとまさしくその手術名が出てきました。
あるんだ・・・。

 

あとは診療明細書の写真をアップしたら「請求可能」と出たので、そのまま請求しました。


正直「手術?」と思ったけど、手術なのねw

ちなみに、「子宮息肉様筋腫摘出術(膣式)」という手術名なのだそうです。

 


次女出産の際は切迫早産で入院入院したうえ、予定帝王切開だったので、これは!と保険金請求をしたのですが、その時は医師の診断書が必要だったのに、今回これだけで保険金がおりるのかしら…?
と、ちょっと簡単すぎて不安になっていますが、もらえたらラッキーくらいに思っておきますw

 

 

つづく。

 

 

 

 

スポンサーリンク