42歳。3度目、最後の妊娠キロク。

35歳で長男出産。39歳で長女出産。そして42歳で卵膜付着でしたが無事次女を出産しました。

スポンサーリンク

42歳、3度目の奇跡。

夫婦ともに子どもは2人、出来れば3人目もと希望していました。

 

ただ、1人目長男出産が35歳、そして2人目長女出産が39歳。

病院で不妊治療こそしていませんでしたが、子どもが欲しいと思っているにもかかわらず1人目妊娠が結婚から1年9ヶ月後、2人目は4歳差であることを考えると、妊娠しやすい体質とは言い難いようです。

 

夫婦で話し合い、高齢出産に伴う母子リスクや産後の体力等々考え、私の42歳の誕生日を3人目のリミットとして、自己流ですがタイミング法で妊活をしていました。

 

 

 

2018年、1月。

私の42歳の誕生日。

 

タイムオーバー。

 

 

3人目が欲しかったけど、決めたことだからと諦めることに。

長男6歳、長女2歳。

この二人をしっかり育てていこう。

 

心残りはものすごくありましたが、思いを断ち切るために2人が着ていたベビー服やベビーグッズの処分を始めました。

 

 

そして、4月はじめ。

ふと、毎月来るべきものが来ていないことにことに気付きました。

 

42歳。

もしかして?と思ったのは、妊娠だけでなく更年期。

初潮が早かったことと、毎月ほぼ定期的だった生理が、去年の秋ごろから少し周期が乱れるようになっていたからです。

 

だけど、身に覚えがないわけではない。

42歳の誕生日以降、「どうせ出来ないよね」と、1度だけ、なしでの行為がありました。

 

すぐに妊娠検査薬で検査。

結果、陽性。

 

 

毎月毎月、タイミングをみたり、リセットするたびに落胆していたのは何だったんだろう。

たった1度の、何も考えていないタイミングで妊娠するなんて…。

 

とはいえ、予想外ではあったけど念願の3度目の奇跡!

夫婦ともに喜んでいます。

 

42歳、高齢妊婦ではありますが、最後の妊娠生活をここに記録していこうと思います。

 

 

スポンサーリンク