42歳。3度目、最後の妊娠キロク。

35歳で長男出産。39歳で長女出産。そして42歳で卵膜付着でしたが無事次女を出産しました。

スポンサーリンク

ありがたい出来事

8月28日、26w2d。

先週の健診で、自覚のない張りがあることを指摘されて以降、張りを意識するようになった。

結果、確かに今まで感じていた張りほどではなくても、「あ、これは」という軽い張りが度々起きていることに気付く。

軽い張りでも、気づけば座ったり横になったりするようにして対処していこう。

無理厳禁。

 

 

 

 

マタニティマークをずっと通勤バッグにつけていたのだけど、長女(2)にとられてしまいました。

「かわいい!」のだそうで、現在彼女のバッグに取り付けられています。

こっそり私のバッグに戻しても、またとられる始末なので、面倒になってそのままに。

 

私なりの思いがあってつけていたんだけどねえ…。 

3rdbabyrecord.hatenablog.jp

 

 

 

朝の通勤は、今まで乗っていた1本を見送って次の電車を待つ列に早く並べば座れる…という状況なので、なるべく早く駅に向かうようにしています。

が、この夏休みは長男を学童へ送って、長女を保育園へ送って、としていると、なかなか思うような時間に最寄駅へ到着することが困難で、結局電車到着を並んで待つ後ろの方になってしまい、座れず。

 

ただマタニティマークがなくても、現在、明らかにその体型は妊婦。

最近は何度か電車で席を譲っていただく場面がありました。

駅に到着する頃にはお腹が張っていることも多いので、これは本当にありがたい。

 

偶然なのか、その譲ってくれた方々は全て20~40代の女性。

服装から、彼女たちも通勤中でしょう。

 

私も非妊娠時に妊婦らしき方を見かけたら声をかけてはいましたが、産後育休を経て職場復帰した際は、見かけたら改めて声をかけようと思いました。

ありがとうの、お礼返し。

 

でもマタニティマークがあれば確実なのですが、ないとなかなか判断が難しい場合もあるんだよね…。(汗)

 

 

そういう意味でも、マタニティーマークは必要なのだから、それを付けていることによって嫌な目にあうという事件が起きないようにと、改めて願うのでした。

 

 

 

スポンサーリンク