42歳。3度目、最後の妊娠キロク。

35歳で長男出産。39歳で長女出産。そして42歳で卵膜付着でしたが無事次女を出産しました。

スポンサーリンク

妊婦の乳がん検診

7月2日、18w1d。

妊娠5カ月も中盤。

週末に夫実家へ行くと、約1か月ぶりに会った義母から「お腹、(5か月にしては)すごく出てない!?」と驚かれる。

はい、出てると思います…。

 

 

 

私が診察を受けている産婦人科では、妊娠中期のうちに乳がん検診を受診することが推奨されています。

強制ではないのだけど。

そもそも私自身すでに左胸に石灰化があり、年1度の検診を薦められている要観察の身なので、迷わず検診予約し、妊婦検診のあとに行ってきました。

3rdbabyrecord.hatenablog.jp3rdbabyrecord.hatenablog.jp

 

 

 

妊娠中なので、マンモグラフィは当然できません。

よって、超音波と触診のみ。

 

今年は市のがん検診の補助年でマンモグラフィをワンコインで受けられるのだけど、超音波検査なので適用外なのだそうです…。

超音波検査+触診で、3,900円でした。

 

 

検査してくれたのは、女性でした。

 

触診しながら、胸のはりやしこり、分泌物はないか等々の問診。

私は母が乳がんキャリアなので、時々自己チェックはしてるけれど、いまのところしこりに気付いたことはありません。

胸のはりは最近時々。

まあこれは妊娠によるものでしょう。

 

特にしこりもなさそう、ということで、超音波検査へ。

 

まずは右から。

 

「ここに影がうつっていますけど、乳腺ですね。」

説明してくれるけれど、実はあまりよくわからず。

(^o^;)

 

妊娠中なので、乳腺が発達してきているようです。

 

時々、手の動きがとまって、同じ場所をゆっくりと何度も何度も往復し始めると「何かあるのか?」と不安がよぎります…。

 

続いて左。

 

こちらもやはり乳腺が発達してきているそうです。

 

 

最終的な結果は後日郵送とのことですが、今見た限りでは左右共に石灰化あり、と。

左だけでなく、右も石灰化…。

 

ただ大きさが大きいので、心配することはない(良性)でしょうとのことでした。

小さい石灰化がたくさんできていたら怪しいのだそうです。

 

は、はい…。

来年は、マンモグラフィしっかり受けます。

 

 

それにしても、もう乳腺が発達してきているだなんて。

まだ5か月、されど5か月。

身体はしっかりと出産に向けて、着々と準備を始めているんだなあ。

 

 

 

スポンサーリンク